YEG活動ブログ

2018.09.12

第37回東北ブロック大会秋田おおまがり大会 2

「日本商工会議所青年部 第37回東北ブロック大会 秋田おおまがり大会」いよいよ2日目!

記念式典

記念講演 「ローカル経済から日本再興」講師:冨山和彦

第1分科会 【花火博士になれる!花火の歴史と製造行程見学ツアー】

今年オープンしたばかりの花火伝統文化継承資料館「はなび・アム」では、ご夫婦やご家族、メンバーがピカピカの施設内を熱心に見学され、大曲ならではの伝統文化「大曲の花火」の歴史や製作の様子、構造や原理などについて多くのKIZUKIを得ていただきました。後半の模擬玉製作体験では、お子さんも一緒になって、すべて手作りで出来ている日本の花火「大曲の花火」を和気藹々と楽しまれていました。多くの質問が飛び交う真剣な眼差しの中で、上手く出来たときは、まるで大人も子供のように笑顔の絶えることのない充実の時間となりました。


第2分科会【あきた舞妓と行く!伝統の酒蔵見学ツアー】

式典、講演とメインイベントが終わり次は分科会に移動
各分科会担当が誘導してバスに乗り込む
第2分科会の酒蔵見学ツアー、担当は自分含めて3人
当初の予定人数ではなかったのですが、それでも30人を超える参加者たち
現地に着いてまずは班を赤、青、黄色に分けて回るルートを決める
前もって色分けを決めていて担当する色も決めていたのでスムーズな誘導になったとおもう
自分は試飲、舞妓、工場見学というルート
まずは内倉にある試飲コーナーで、参加者よりも刈穂さんの社員さんたちの方が緊張していたみたいで、自分が説明して下さいと促すことによって社員さんたちも
緊張がとれ、試飲出来るお酒の説明が始まりました
参加者が試飲した後は、自分で瓶詰め体験
これはなかなか出来ることではないと参加者たちも興奮気味
瓶詰めしたあとは自分でラベル貼り。これで世界に一つだけの自分だけの酒ができあがりました
試飲のあとは、内倉の二階に上がってあきた舞妓さんたちとのご対面
最初に舞妓さんの踊りを見てそのあと座敷遊び
この座敷遊びが実におもしろい
ゲームに負けたらお酒を飲むというシンプルなルールで大盛り上がり
参加者のみなさんも2~3杯はお酒を飲んでいました
そして最後が工場見学
こちらもも社員さんが各部門ごとに丁寧に説明してくれて酒を造るための工程を教えてくれました

そして3班がすべて回った後参加者、舞妓さん全員で記念撮影しました

第3分科会【毎日食べるからこそ知っておきたい”米”がある】

ライスターミナルに関して規模や設備はトップクラスと参加した方が言っていたのが印象的でした。
飲食や農家をやられているYEGメンバーの参加者が多く、あきたこまちと夢おばこの食べ比べは特に好評でした。

第4分科会【東北ブロックYEG事業大賞45の価値と未来をぶぢあげろ!大賞】


第5分科会【政策提言勉強会 東北郷創塾】

第6分科会【ディープな魅力満載!花火通り商店街巡り】

OBサロン【秋田民謡と秋田贅沢食文化、万歳!民謡×秋田高級食材×日本酒×ワインのマリアージュ】

大懇親会

午前中振っていた雨も奇跡的に上がり、最高のロケーション
開会が宣言されて、来賓挨拶が始まるとここでも大盛り上がり
高所作業車から挨拶というど派手な演出で会場は大いに盛り上がりました
そして乾杯と続いてしばしの観覧
参加者が大いに飲んで食べて名刺交換可や挨拶やらで会場の熱気は最高潮
途中途中に花火の街らしく花火が打ち上がる演出もボルテージを上げました
そして、終わりに近づき、伊藤洋平大会委員長の挨拶では、大曲YEGメンバーがステージの前に並んで挨拶を聞いていました
その中では感動で涙ぐんでいる人、泣いている人様々でメンバー全員感無量でした
そして挨拶が終わり、ラストのカウントダウンが始まる、、、、、、
最後の「ぶぢあげろ!!」で、花火が打ち上げられる
安室奈美恵の「Hero」にあわせて花火が打ち上がるたびに会場にいた参加者たちの歓声が上がる
花火が終わったあと大きな拍手が鳴り止まなかった
そして大懇親会は終わって次なるステージ、大曲の夜に向かうのであった、、、、、、

 

掲載のお問い合わせはこちら »