大曲YEGの耳より情報!「花火観覧マニュアル2017」

大曲YEGの耳より情報!「平成29年度版 花火観覧マニュアル」

1.準備について


暑さ対策は絶対必要!(昼花火開始後の日傘等は近隣観覧者の視界を遮り、トラブルの元なので、つばが大きな帽子が良い)
 
敷物、水分他(荷物は少なく! リュックなど背負いが良い)
雨天の際はポンチョ等がおすすめ。観覧中の傘はトラブルの元!
桟敷は板敷なので、おしりが痛くならないよう、丸められる薄い座布団など。
(座椅子や背もたれのあるイス、高さのあるイスは周辺の観覧の邪魔となるため使用が禁止されています)
大会終了後には対岸の花火師さん達とのエール交換。そのためにペンライトがあればGood。

会場内は全席禁煙となります。
※喫煙所を設置しております。「のぼり」が目印です。

2.移動について


・当日は観覧会場付近への車での移動は不可能。
・河川敷の土手の上は12時まで歩行者も通行できますが、それ以降は緊急車両専用道路となりますのでご注意ください。

帰路もすさまじい渋滞に巻き込まれるのは必至のため、JRが最良。
大曲駅から会場までの行程は徒歩約30分。その移動区間で「花火ウィーク」イベントを開催中。

大曲商工会議所前広場(ヒカリオ)に大曲商工会議所青年部おもてなしブース(公式グッズ販売所)があります。運営時間は17:00〜24:00頃まで、公式グッズのほか、花火のお土産も販売しております。
近くにトイレ5基設置しておりますので疲れた足休みにご利用ください。

大会終了後数時間は大曲駅前には電車待ちの長蛇の列が出来ますが、新幹線の指定特急券をお持ちの方は、駅向かって右手に新幹線専用改札がありますので比較的スムーズに入れます。


会場内への自転車の乗り入れ、ペット・ドローン・火器等の持ち込みは禁止です。会場に入れません。また、歩きスマートフォンは通行の妨げになりますのでご遠慮ください。
大会終了後、5番ゲートと2番ゲートに退場者が集中し大変混み合う為、安全上通行規制を行います。駅方面へお帰りの方は、8番、9番ゲートを出て姫神橋ロード(会場で土手を背にして右手)を、市役所方面へお帰りの方は、0番ゲートを出て花火大橋ロード(会場で土手を背にして左手)から通行されたほうが目的地へ早く着きます。

お帰りの際はあせらずゆっくりと。(係員の指示にしたがって)
(焦って出ても通路と道路が大渋滞でノロノロ歩き。会場内の通路が空きだしてから退場された方が混まずに楽です)
駅構内の混雑を避けるためにも花火通商店街で一休みされてはいかがでしょう。

3.観覧について


昼花火は17:30から。

夜花火前と、大会提供の前は、トイレが非常に込み合いますので、トイレ時間をずらして余裕をもって
桟敷内でしたら、比較的混雑度の少ない1、7番ゲート付近(会場で堤防を背にして右左)に移動された方が良いことも。
ちなみに、いまだかつて会場内のトイレが満タンになったことはありません。
ほとんどが半量以下ですので、絶対数が足りないのではなくて一時的、局所に使用が集中しているだけなのです。

ご存知「大会提供」は大会の花形ですが、最後の「尺玉30連発」も負けず劣らず必見です!

4.自由席について(有料自由観覧エリア)


・昨年までの自由席(無料)は、今年(平成29年・第91回大会)から、有料自由観覧エリアとし、一人1,000円(税込)の環境整備協力金を頂くことになりましたので、ご協力お願いします。ただし高校生以下無料。自己申告でご協力お願い致します。

・有料自由観覧エリアは会場両端2カ所に配置。

・入場待機場所には、花火大会当日の26日(土)午前6時頃から入ることが出来ます。

・待機場所から会場への入場は当日26日(土)午前9時半から入場開始ですが、入場の際は係員の指示に必ず従って、歩いて入場していただきます。

こちらは先着順になりますので、入場まで並んでお待ち下さい。

なお、有料自由観覧エリアに入場した際、お一人様一人分(1㎡目安)での場所確保をしていただきますよう、固くお願いいたします。(必要以上に場所確保をした場合、係員が参ります)

※詳細は大曲の花火オフィシャルページ「有料自由観覧エリアへの入場方法について」をご覧ください。
http://www.oomagari-hanabi.com/static/paidspace.pdf

掲載のお問い合わせはこちら »